ナイロビ市内

ケニア観光!アドレナリンMAX!「ナイロビ動物孤児院」

ケニアの首都ナイロビの観光情報を発信しています。ケニアにはあまり多くの人には知られていない観光地としての魅力がたくさん詰まっています。時の流れを忘れさせる大自然を味わうのもよし、刺激的な美しいアフリカの文化を体験するのもよし、人間の生命の大歴史を知る遺跡で感動するのもよし。そしてアフリカの中でもケニアでの観光は本当に様々なアクティビティーができてオススメです。

そして今回は、ケニアといえば動物!ということで、動物に間近で触れ合うことができる、ナイロビ動物孤児院(Nairobi Animal Orphanage)について紹介します。ナイロビ動物孤児院は、サファリが楽しめるナイロビ国立公園内にあります。野生動物の治療とリハビリを主に行なっており、観光客向けにも公開しているため、ナイロビでの観光スポットとして人気を集めています。孤児となって飼育されている動物はケニア中のあらゆる場所から運ばれてきており、ライオン、チーター、ハイエナ、ジャッカル、ヒョウ、サル、ヒヒ、バッファローなど様々な動物を間近で見ることができます。

ナイロビ動物孤児院とは

ナイロビ動物孤児院は、1964年に設立されて以来、ケニア中の野生動物の保護施設として機能してきました。ほとんどの動物は育児放棄か、怪我をして一人で生き延びるのが困難とみなされた動物たちで、野生にかえすことを目標として掲げています。

 ナイロビ動物孤児院の魅力

近距離で触れ合える!

サファリツアーでも十分に動物を観察をすることができるのですが、こちらの孤児院では、とにかく近距離で動物たちと触れ合うことができるのです! 

まず、敷地内にはたくさんのサルが飼い離されており、あちこちで見ることができました。

入口からたくさんのフレンドリーなお猿さんに出会うことができ、手の平に乗せてご挨拶。

飼育員の方が私の頭にエサをのせてくれたため、ヒョイっと肩までのってきました!

人懐っこくて可愛いなーと思って油断していたら、私のカバンがとてもきになる様子で、危うく中身を持ち去られるところでした(笑)お猿さんがいたずらなのは世界共通なようですね。気をつけましょう。

サルの他にも、鳥類、爬虫類、哺乳類などたくさんの動物がいました。動物オタクの私でも見たことのない動物がたくさんいてウキウキします。

こちらの孤児院では餌付けタイムが設けられており、毎日午後1時から順番に餌付けされていきます。

肉食動物の食べている姿は大迫力です!

 そして!幸運なことに私もチーターの餌やり体験ができました!

頭が小さく、とても美しかったです。

そそそして!ライオンとのツーショットまで!

エサの肉を食べている最中のライオンで少し興奮気味。。目が合った瞬間、危険を察知しました。。

そして隣で「ガオーーーー!!!」と鳴かれ、ガチで食べられるんじゃないかと思い恐ろしかったです。さすがジャングルの百獣の王!!!

「ちょっとそこにいて」と飼育員さんに言われそのまま座っていると、ライオンが立ち上がって襲いかかろうとしました。フェンスがあって本当によかったです。

 

サンブル族の方々とも交流できる!

ナイロビ動物孤児院に訪れた際は、運が良ければサンブル族の方々とも出会えます。ゲート付近で観光客のエンターテインメントを目的として歌やダンスを披露しています。サンブル族はマサイ語を話すため、私が知っている少しのマサイ語を話すと喜んでくれました。

カラフルで素敵な民族衣装ですよね!

私たちもアクセサリーや布を身につけ記念撮影❤

私の右隣にいてる方は、2人の妻がいてるんだとか。一夫多妻!写真左側にいる背の高い男の子は16歳だと言っていました。大人っぽくてびっくりしました。

 

営業時間

年中無休 午前8時から午後5時まで

所有時間

1時間から2時間程度。中にはベンチや芝生がありピクニックも楽しめそうです。

アクセス

ナイロビの中心地から7kmほどの場所に位置しています。ナイロビ国立公園の北西部にあります。

入場料

大人 22USD

小人 13USD

お問い合わせ

住所: P.O. Box 42076-00100 Nairobi

電話番号: +254-20-2379407

Eメール: education@kws.go.ke

さいごに

ナイロビ動物孤児院では、肉食動物をはじめとした様々な動物を見ることができます。ナイロビ国立公園の中にあるため1日で回ることも可能です。また周辺にはジラフセンターやシェルドリック孤児院もありますので、ぜひナイロビ観光の際は訪れてみてください。

関連記事

  1. ナイロビ市内

    超クレイジー!ケニアのナイロビを暴走するバス「マタツ」とは?

    「アフリカ」と聞けばどんな景色を想像されますか?ライオンキングのよ…

  2. ナイロビ市内

    ケニアの首都ナイロビの観光地ワニ園マンバビレッジ

    ケニアに旅行に行くとなると、ほとんどの人が体験するのが野生動物を生で見…

  3. ナイロビ市内

    ナイロビで食事!気軽に入れるレストラン4選

    ナイロビの街を歩いていると多くのカフェやレストランを見かけますが、ロー…

コメント

  1. Prednisone No Rx Needed Buy Celebrex Without Rx viagra Where To Purchase Bentyl No Prescription Drugs

  2. Club Levitra Adverse Reations To Amoxicillin Buy Amoxicillin For People where to buy cialis online safely Bladder Infection And Amoxicillin Cialis Sale Amoxil Tablette

  3. Free Samples Of Viagra Cialis Propiedades cost of levitra at savon pharmacy Keflex And Boils Keflex Shortage

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ナイロビで食事!気軽に入れるレストラン4選
  2. 【女一人でも楽しめた】ジャマイカ、キングストンの旅行記
  3. 【ケニア料理】現地の食べ物レポート! 
  4. 【忘れがち】ケニア旅行で欠かせない持ち物
  5. ケニア観光!アドレナリンMAX!「ナイロビ動物孤児院」
  1. 日常

    ケニアで暴行被害!?〇〇だけはケニアでするな!
  2. ナイロビ市内

    超クレイジー!ケニアのナイロビを暴走するバス「マタツ」とは?
  3. 文化

    ケニアの若者トレンド(1)
  4. 旅情報

    はじめてのアフリカ旅行!ケニアにすべき8つの理由
  5. ナイロビ市内

    ケニア観光!アドレナリンMAX!「ナイロビ動物孤児院」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。