ジャマイカ

【女一人でも楽しめた】ジャマイカ、キングストンの旅行記

ジャマイカ旅行記!!!

普段はケニアの記事を中心に書いていますが、2018年4月にジャマイカに旅行をしてきましたので、今回はジャマイカ旅行に関してぶっちゃけてお話ししたいと思います。

中央アメリカ、カリブ海に位置するジャマイカは、みなさんご存知の通り「レゲエ」で有名な国ですが、レゲエに詳しくない私でも、とーっても楽しむことができました。

この記事では、首都のキングストンに焦点を当てて、旅行中訪れてよかった場所などを書きます。

キングストンの見どころスポット(おすすめ順)

キングストン市内での移動は主に、バスかタクシーを使っていました。バスは一回乗るたびに100JMD(約87円)で、タクシーの初乗りはだいたい500JMD(約430円)でした。

1. ボブマーリ博物館(Bob Marley Museum)

ジャマイカのアイコンとなっている、ボブ・マーリのいろんなことを知ることができる博物館です。博物館の建物自体が昔ボブ・マーリが住んでいたということで、ファンにとっては大興奮の場所!(ファンではない私でも興奮しました!)

入場料は2500JMDでお兄さんが中を紹介してくれました。

昔に販売されていたレコードも購入することができます。激レアなはず!!

2. ダウンタウン

キングストンを満喫する上で欠かせないのが、ダウンタウン!!多くの人が忙しそうに動き回っています。特にプランを決めずに歩くと何か面白いものに出会えると思います。

私はダウンタウンの海辺で仲良くなったフレンドリーなジャマイカの方に、ホームレスのシェルターに案内してもらいました。地元の方に案内してもらえると普段行けない場所にもいけるかも!?

1. デーボン・ハウス(Devon House)

ジャマイカに来たら一度は食べるべき!と超オススメされたアイスクリーム屋さんです。中は観光客に限らず、地元の人で溢れていました。


約30種類のフレイバーから選べ、シングルサイズでもこのボリュームです。

3. Loose Cannon Tours


ジャマイカに来たらやっぱり海×音楽!!!キングストンで最大に楽しむならココ、Loose Cannon Toursです!!クルーズの上でパーティー音楽を聴きながら、海を見渡してみてはいかがですか?クルーズの中にはバーもあり、プライベートツアーもすることができるらしいです。

4. Emancipation Park

トロピカルな植物と広々とした芝生に癒されること間違いなしの場所です。公園内ではチェスや卓球、ジョギングをして楽しむ地元の人がいて、みんなフレンドリーに話しかけてくれます。

5. Fleet Street

もともと放棄された倉庫がたくさんあるストリートでしたが、今では地元アーティストが描いたアートでいっぱい活気溢れる場所です。ストリート自体は500メートルほどですが、ビーガンレストランや小学校などがあり、時間をかけて楽しむことができます。

空港から市内までの移動(ノーマンレー・マンレー空港)

空港にはいくつかのタクシーが停まっており、20ー30USドルで市内まで行くことができます。
シャトルバス(Knutsford Expressというバスが人気)も安い値段で市内まで連れていってくれるみたいです。

キングストンで宿泊したホテル、ゲストハウス

私は「Reggae Hostel」に宿泊しました。8人部屋のドミトリーで一泊あたり朝食込みで22USドルと激安でした!男女同じ部屋が気になる方はプライベートルームもあるみたいです。部屋はとっても綺麗でしたが、トイレもシャワーも男女共用には少しためらいがありました。

日中は、ホステル内の庭でリラックスして、夜はナイトライフを楽しむ人が多かったです。一人旅の人が大半だったため、すぐにみんなと打ち解けることができ、一人では行きにくい夜遊びもホステルのスタッフさんが中心にメンバー集めをしてくれました。

キングストンの治安(私目線)

いろんな記事でジャマイカはかなり危険だと呼んでいたので警戒していきましたが、特に危ないと感じることはありませんでした。最低限、①夜は一人で歩かない!ことと②みんなにフレンドリーに堂々と行動する!ことを心がけておりました。
ちなみに道を歩いていると、車の中から「タクシー!タクシー!?」と聞いてくるドライバーがいるのですが、その時は注意!車のナンバープレートが赤だとしっかり許可を得たタクシーですが、白は一般車です。一般車でも声をかけてくるので、様々なトラブルを避けるために白ナンバープレートの車には乗らないようにしましょう。

予算

ざっくりですが、こんな感じです。
3泊4日キングストンのみの滞在

航空券 82,000(NYー東京往復)41,000(NYーキングストン往復)
宿泊費 6,500
交通費 4,000(空港往復) + 2,500(市内移動)←団体移動が多かったので安く済んだ
食費 6,000(夜ご飯600円〜くらい)
その他入場料やアルコールなど 15,000
計 157,000円

さいごに

キングストンには多くの観光客が集まるため、ジャマイカに到着したらまずはキングストンに宿泊して観光情報をいろんな人から集めると良いかもしれません。ジャマイカ人も道を聞くと親切にフレンドリーに答えてくれます。また、ジャマイカの魅力はキングストンだけでは味わえないので、ぜひ遠出して色々なところに遊びに行ってみてください!

コメント

  1. I’m pretty pleased to discover this website. I wanted to thank you
    for your time just for this wonderful read!! I definitely loved every bit of it and i also have you book
    marked to look at new things on your website. https://918.network/casino-games/73-playboy-casino

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ナイロビで食事!気軽に入れるレストラン4選
  2. 【女一人でも楽しめた】ジャマイカ、キングストンの旅行記
  3. 【ケニア料理】現地の食べ物レポート! 
  4. 【忘れがち】ケニア旅行で欠かせない持ち物
  5. ケニア観光!アドレナリンMAX!「ナイロビ動物孤児院」
  1. 旅情報

    【穴場】アフリカ、ケニアでのハネムーン
  2. ナイロビ市内

    ナイロビで食事!気軽に入れるレストラン4選
  3. 未分類

    ケニアのバラ産業の闇
  4. 旅情報

    【忘れがち】ケニア旅行で欠かせない持ち物
  5. ジャマイカ

    【女一人でも楽しめた】ジャマイカ、キングストンの旅行記
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。