旅情報

【忘れがち】ケニア旅行で欠かせない持ち物

旅慣れしている方でも、ケニア旅行となると持って行く荷物に考え込んでしまうのではないでしょうか。それも当然、ケニア旅行では他の国ではする機会がないであろう、サファリといった特別なアクティビティをすることが多いため持ち物にもその分悩みます。また、いつもの旅行では迷わず現地調達していたものが、ケニアでも同様に手に入るのか不安になったりしませんか。

そこで今回は、旅行に行くときに欠かさず持って行くアイテムにプラスで、ケニア旅行の際に実際に持って行って役にたったものを重要な順にあげていきたいと思います。意外と忘れがちなアイテムもありますので、ケニア旅行を控えている方は必読です!

持ち物

パスポート・ビザ

ケニア入国の際は最低6ヵ月のパスポートの有効残存期間が必要です。また、ケニアと同時にタンザニアやウガンダを訪れる際は、東アフリカ観光ビザというものがお得になっています。

詳しくは、ケニアのビザ情報をご覧ください。

現金

やはり、お金は必要。。と言っても、案外、旅行の際は、通貨の両替の面倒さから現金はあまり持ち歩かずにカードで済ませているという方も多いのではないでしょうか。しかしクレジットカードが使えないケース(タクシー、露店、小さなお土産屋さんなど)も多々あるので現金を持っておくと便利です。

ちなみに、アフリカでは米ドルが強いので日本円を米ドルに変えておくと良いかもしれません。

クレジットカード

 

現金がなくなった際の救世主!ケニアのほとんどの都市の中心部にはたくさんのATMがありますので、必要な現地通貨を簡単に引き出せるので便利です。

しかし、クレジットカードがATMに飲み込まれて返ってこないケースや、スキミング被害(カード所有者以外の第三者がクレジットカード情報を抜き出し、お金を盗む犯罪)など様々なトラブルに合わないためにも、むやみやたらにクレジットカードを使用するのはおすすめされていません。

ちなみに私も含めてケニアに在住している日本人の方からスキミング被害を受けたと聞いたことは一度もありません。

変圧器・変換プラグ(現地調達○ )

ケニアの場合、電圧は220~240Vで周波数は交流50Hz。プラグはB3、BF、Cタイプが使用されています。日本国内の電化製品を使用するには変圧器が必要になることが多いです。

日本で購入して持って行くのが安心ですが、ケニアでもナクマットといったスーパーで購入可能ですし、値段も安めでした。

厚手の上着

アフリカと聞くとどうしても暑いイメージがあるのですが、ケニアの年間平均温度はなんと18度!日中は25度くらいまで上がるのですが、夜は意外にも冷え込みます。厚手の上着を用意して行くと何かと便利でしょう。

 

モバイルバッテリー(現地調達○)

サファリでは、夜の22時から朝6時まで電気が使えないロッジがたくさんあります。そのため、カメラや携帯、パソコンなどの充電が貯めることができないこともありますので、モバイルバッテリーはとても重宝します。ケニアではよく起こる停電の際にも助かりますね。

 

日焼け止め・帽子やサングラス・ボディークリーム(現地調達△)

ケニアの紫外線量は世界で上位5に入るほどとっても強いです!そのためか陽射しが強くまぶしく感じることがあります。普段サングラスや日焼け止めを使用しない人でも紫外線対策として使った方がよろしいかと思います。日焼け止めは大型スーパーなどでは入手可能ですが、液体がベトベトしていたりのびなかったりするので、日本調達をお勧めします。

 

双眼鏡(現地調達△)

サファリで動物を見るときにあれば楽しさが倍増!!本格的なものでなく、持ち運びに便利な小型がおすすめです。

 

ビオフェルミン下痢止め(現地調達△)

ケニアに滞在中に水道水や不衛生な環境で食事をしない限りお腹を崩すことはほとんどありませんが、お腹に自信がない方は持参して行くと安心ですね。

 

アルコール手指消毒液(現地調達○)

ケニアの農村部に行くと、井戸の水自体が少し濁っていることもあるので、食事の前など消毒ができれば安心です。

 

虫除けスプレー、ムヒ(現地調達△)

私はケニア滞在中に虫除けスプレーを使ったことがないのですが、蚊に噛まれたことはほとんどありません。しかし、滞在先が同じだったのに友人は刺されまくりで困っていました。こちらもあると安心です。

 

洗濯ソープ・ロープ(現地調達○)

日本から持って行く衣類の数にも限界がありますので、1週間以上の滞在の場合は洗濯ソープで洗って使いまわすようにすると荷物の量も減らすことができます。ケニアの湿度は低いので洗濯物もすぐに乾きます。

ウェットティッシュ・耳かき(現地調達○)

道路の整備が整っていない道路がたくさんあるため、砂ぼこりが耳の中に入ってきます。耳かきで掃除すると良いですね。

 

ガイドさんなどお世話になった人へのお礼の品

親切にしてくれた人に渡すことができる、日本からのお土産などがあればとても喜んでもらえます。

 

(注意)ケニア国内でプラスチック袋の使用が禁止となりました。持ち込みの制限まであるのかは定かではありませんが、ゴミが出ない工夫を是非しましょう。

さいごに

これでケニア旅行もバッチリ!安心して旅に出ることができます!着替えなどは現地でも調達が可能ですが、日本で買ったほうがクオリティーが良い上に安く手に入ることが多いです。ケニア旅行の際の服装編もまた書きたいと思います。

 

関連記事

  1. 旅情報

    はじめてのアフリカ旅行!ケニアにすべき8つの理由

    こんにちは!ケニアマニアのサキです!死ぬまでに一度は必…

  2. 未分類

    ケニアのバラ産業の闇

    こんにちは!昨日はバレンタインデーということで世間が盛り上がってい…

  3. 未分類

    サキと申します。

    はじめまして。ケニアマニアのサキです!数多くあるサイトから選ん…

  4. 旅情報

    【超危険!?】ケニアの治安ってどんなもん?

    旅行を検討する上で一番重要となってくるのが、その国の治安についてだと思…

  5. 旅情報

    【穴場】アフリカ、ケニアでのハネムーン

    ハネムーンでは、ロマンチックで非日常的な旅をしたいですよね。行き先…

  6. 旅情報

    【日帰りOK】ケニアの首都ナイロビ近辺の観光スポット 14 Falls(14の滝)

    アフリカといってもケニアの首都ナイロビは、とても近代化した街並みと生活…

コメント

  1. Buy Vytorin Cialis Con Marihuana cialis 5mg Cialis Lilly Icos Cheap Antibiotics Amoxicillin Cialis Originale 10 Mg

  2. Keflex Antibioltic generic cialis canada Amoxicillin 250 5 Propecia Economico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ナイロビで食事!気軽に入れるレストラン4選
  2. 【女一人でも楽しめた】ジャマイカ、キングストンの旅行記
  3. 【ケニア料理】現地の食べ物レポート! 
  4. 【忘れがち】ケニア旅行で欠かせない持ち物
  5. ケニア観光!アドレナリンMAX!「ナイロビ動物孤児院」
  1. 未分類

    サキと申します。
  2. 旅情報

    はじめてのアフリカ旅行!ケニアにすべき8つの理由
  3. 旅情報

    【穴場】アフリカ、ケニアでのハネムーン
  4. 旅情報

    【超危険!?】ケニアの治安ってどんなもん?
  5. ジャマイカ

    【女一人でも楽しめた】ジャマイカ、キングストンの旅行記
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。